メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

井上尚英さん=毒ガス兵器の歴史を研究、出版

井上尚英さん=衛藤親撮影

井上尚英(いのうえ・なおひで)さん(79)

 長引くシリア内戦でアサド政権による毒ガスの使用疑惑が浮上している。「塩素ガスだろう。飲料水の殺菌のため、同国は塩素を大量に保有しているはずだから」と分析する。第一次世界大戦で初めて兵器として使用された毒ガスはどのように使われ、戦局にどう影響したのか。「毒ガスの夜明け 第一次世界大戦と化学戦の真実」を昨年11月、大道学館出版部(福岡市)から出版した。

 中毒学専攻で、病院では神経内科が専門。母校・九州大学の神経内科草創期に助手となり、1963年の三井…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文679文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです