メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

耳の聞こえ 補聴器進化、耳かけ型主流

耳穴型や耳かけ型などさまざまな補聴器を示す日本補聴器工業会の木村修造さん=梅田啓祐撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 聴力の衰えをカバーする補聴器。最近は見かけも機能も進化したものが登場している。だが、装着すればすぐ元通りに人の会話が聞こえてくるわけではない。使い始める前に知っておきたいポイントをまとめた。

 「耳が遠くなると周囲の人との意思疎通に弊害が出る。誤解も生まれやすくなるので早めに補聴器をつけた方がいい」。国内外の補聴器メーカー11社が加盟する日本補聴器工業会(東京都千代田区)副理事長の木村修造さん(72)はそう話す。

 補聴器の国内出荷台数は2018年が約58万5000台で、30年前から約2倍に増えた。現在、補聴器は…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです