プロ野球

阪神13-5ヤクルト おはよう、阪神・大山2発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 阪神が5本塁打などで大勝した。一回に大山の3ランなどで4点を先取し、三回は大山のソロなどで2点。その後も中谷の2打席連続本塁打などで突き放した。岩田が4季ぶりの完投で2年ぶりの白星。ヤクルトは投手陣が崩れた。

目覚めた豪快打撃

 若き4番が春の眠りからようやく目覚めた。阪神の大山が2打席連続本塁打を含め3安打4打点と大暴れ。スタートダッシュに失敗した主砲が豪快な打撃を取り戻し、計7本塁打が乱れ飛んだ一戦の主役の座を奪った。

 一回1死一、二塁。2ボールからの甘いカットボールはファウルになったが、「強く振れたことで、次の球を仕留められた」。直後により高めに浮いた球を完璧に捉え、2試合連続アーチとなる3ランを左中間席へ突き刺した。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文682文字)

あわせて読みたい

注目の特集