メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

月内にも救済法成立 後遺症・治療費の代償「わずかな一時金」 多重苦、取り戻せぬ人生 熊本の男性

自宅近くの路地を歩く渡辺数美さん。短い距離でもつえは手放せない=熊本県内で2019年4月9日、野田武撮影

 10歳で強いられた不妊手術の影響で74歳になった今も骨がもろいのに身長が伸び続ける「後遺障害」に苦しむ男性がいる。昨年6月、熊本地裁に国家賠償請求訴訟を起こした渡辺数美さん。旧優生保護法下の被害者1人につき一時金320万円を支給する救済法が月内にも国会で成立するのを前に、「子どもをつくる権利を奪われただけでなく、後遺症と医療・介護費の多重苦の中で生き続けてきた被害者を想像できていますか?」と問う。【上東麻子】

 「320万円なんて、これまでかかった治療費のわずかにすぎません」。熊本県内の自宅で、身長が2メートル近い渡辺さんが悔しげに人生を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです