メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

月内にも救済法成立 後遺症・治療費の代償「わずかな一時金」 多重苦、取り戻せぬ人生 熊本の男性

自宅近くの路地を歩く渡辺数美さん。短い距離でもつえは手放せない=熊本県内で2019年4月9日、野田武撮影

 10歳で強いられた不妊手術の影響で74歳になった今も骨がもろいのに身長が伸び続ける「後遺障害」に苦しむ男性がいる。昨年6月、熊本地裁に国家賠償請求訴訟を起こした渡辺数美さん。旧優生保護法下の被害者1人につき一時金320万円を支給する救済法が月内にも国会で成立するのを前に、「子どもをつくる権利を奪われただけでなく、後遺症と医療・介護費の多重苦の中で生き続けてきた被害者を想像できていますか?」と問う。【上東麻子】

 「320万円なんて、これまでかかった治療費のわずかにすぎません」。熊本県内の自宅で、身長が2メート…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです