メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

白鶴酒造 嘉納健二社長 物語性ある酒造りを 「まる」ブランド浸透

白鶴酒造の嘉納健二社長=神戸市東灘区で、大道寺峰子撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 伝統的に祝い事や神事に欠かせない日本酒。新元号になり、東京五輪や大阪・関西万博など国家的イベントが相次ぐ「令和」の時代に、いかに酒造りを受け継いでいくのか。嘉納健二社長(47)に今後の展望を聞いた。【大道寺峰子】

 --「令和」になる5月1日午前0時から搾り始める限定酒が好評だそうですね。

 ◆純米生原酒「特撰(とくせん)白鶴令和初しぼり」は、翌日には瓶詰めし出荷予定で、多くの予約をいただ…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1381文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです