メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

白鶴酒造 嘉納健二社長 物語性ある酒造りを 「まる」ブランド浸透

白鶴酒造の嘉納健二社長=神戸市東灘区で、大道寺峰子撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 伝統的に祝い事や神事に欠かせない日本酒。新元号になり、東京五輪や大阪・関西万博など国家的イベントが相次ぐ「令和」の時代に、いかに酒造りを受け継いでいくのか。嘉納健二社長(47)に今後の展望を聞いた。【大道寺峰子】

 --「令和」になる5月1日午前0時から搾り始める限定酒が好評だそうですね。

 ◆純米生原酒「特撰(とくせん)白鶴令和初しぼり」は、翌日には瓶詰めし出荷予定で、多くの予約をいただ…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです