メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

山椒の花 兵庫県丹波市・安達真由美(主婦・57歳)

 花山椒(さんしょう)の佃煮が好きだ。山椒の実ほどピリリとしないし、ふんわりと漂う春の香りがおいしい。この季節になると、庭のあちこちに自生する山椒の木から花をいただいて佃煮を作る。

 ただし、この花は曲者(くせもの)。我々が「桜だ」「ツツジだ」と浮かれていると、ひそかに咲いてあっという間に消えてしまう。気がつくとすっかり花が開ききっており、悔しい思いをしたことも一度や二度ではない。

 山椒の花の摘み方にはちょっとしたコツがある。すっかり摘み終えたと思っても、すぐ立ち去ってはいけない…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです