メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

人生台無し、代償320万円 後遺症、医療費…多重苦知って 熊本の74歳男性

 10歳で強いられた不妊手術の影響で、74歳になった今も骨がもろいのに身長が伸び続ける「後遺障害」に苦しむ男性がいる。昨年6月、熊本地裁に国家賠償請求訴訟を起こした渡辺数美さん。旧優生保護法下の被害者1人につき一時金320万円を支給する救済法が月内にも国会で成立するのを前に、「子どもをつくる権利を奪われただけでなく、後遺症と医療・介護費の多重苦の中で生き続けてきた被害者を想像できていますか?」と問う。【上東麻子】

 「320万円なんて、これまでかかった治療費のわずかにすぎません」。熊本県内の自宅で、身長が2メート…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです