メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆者手当

支給拡大 手帳と同時申請可能に

 被爆者が健康障害などに応じて受け取れる手当の申請について、厚生労働省が「被爆者健康手帳の交付申請と同時に受け付けてもいい」とする通知を都道府県と広島、長崎両市に出し、今月から適用が始まった。自治体は原則として手帳交付後に手当の申請を受け付けてきたため、手帳審査などが長引くと結果的に手当の受給期間が短くなっていた。被爆者は大半が何らかの健康障害を抱えており、「同時申請」が認められれば手帳交付までの分の手当も受けられるようになる。【樋口岳大】

 被爆者への手当は、造血機能障害などを伴う病気にかかっている人に支給される健康管理手当(月3万477…

この記事は有料記事です。

残り1301文字(全文1573文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです