メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 被害仲間に「訴え出て」 仙台の原告、顔公表し呼びかけ

 10代の時に不妊手術を強制されたとして、仙台地裁に国家賠償請求訴訟を起こした「東二郎」の名で被害を訴える宮城県の70代男性が18日、第2回口頭弁論後に記者会見に応じ、顔を公表した。決断の理由について、仙台市内の診療所で一緒に手術された入所仲間の男性2人を思いながら、「2人は今どうしているのか。(私の顔を見て)被害を訴え出てほしい」と語った。

 東さんはこの日、他の原告の男女2人とともに第2回口頭弁論に出廷した。記者会見で「当時は『(被害につ…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです