メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「令和誘導」確認できず 「大正」「昭和」は史料残存

有識者による「元号に関する懇談会」に臨む山中伸弥・京都大教授(左列手前)や菅義偉官房長官(右列手前から4人目)ら=首相官邸で2019年4月1日、川田雅浩撮影

 19日に公表された新元号「令和」を選定した会議の議事概要では、全閣僚会議で令和以外の案を推す多様な意見が出ていた。一方で、最初に行われた有識者懇談会では令和を推す声が圧倒的で、これを根拠に安倍晋三首相が意見集約した。一連の会議の出席者からは、政府側の新元号6案についての冒頭説明の段階で「令和」を推す気配を感じたとの声が相次いだが、議事概要にその説明の内容は一切記されなかった。【野口武則、樋口淳也】

 近代日本で初の改元となった「大正」(1912年)と「昭和」(26年)の選定過程は、詳細な公的記録が…

この記事は有料記事です。

残り3604文字(全文3855文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです