からくり屋敷や忍術体験、「NINJA館」20日オープン 神奈川・小田原

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
忍術体験ゾーンには水術に挑戦するコーナーも=神奈川県小田原市で、澤晴夫撮影
忍術体験ゾーンには水術に挑戦するコーナーも=神奈川県小田原市で、澤晴夫撮影

 小田原城址公園(神奈川県小田原市)にある歴史見聞館が20日、「NINJA館」としてリニューアルオープンする。外国人にも人気がある「忍者」をテーマにしており、からくり屋敷や忍術を体験できるなど、家族連れや外国人観光客の人気を集めそうだ。【澤晴夫】

 歴史見聞館は1929(昭和4)年に建設された旧城内小学校の講堂を利用し、戦国から江戸時代にかけての小田原城を紹介するガイダンス施設として98年4月に開館した。耐震補強工事に合わせ、戦国時代の小田原北条氏に仕えたとされる「風魔」にスポットを当て全面的に改修した。

 忍者は「風間」「風間出羽守」という人物が登場する戦国時代の文書が6通残っているだけで、その存在は確認されていない。風間は最前線に配置され、特殊な軍事活動をしていたようで、その活動が江戸時代に伝説の忍者「風魔小太郎」を生み出したとされる。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文700文字)

あわせて読みたい

注目の特集