メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

漫画原作者の小池一夫さん死去 「子連れ狼」

漫画原作者の小池一夫さん=2003年7月、山下浩一撮影

 「子連れ狼(おおかみ)」などの漫画原作者で、小説や作詞も手掛け幅広く活躍した小池一夫(こいけ・かずお、本名・俵谷星舟=たわらや・せいしゅう)さんが17日、肺炎のため亡くなった。82歳。葬儀は近親者で営んだ。

 秋田県生まれ。中央大在学中、時代小説家の故山手樹一郎さんに師事。その後、さいとう・プロダクションに採用され、1970年に独立。時代劇作品を多く手掛け、バイオレンスに満ちたアナーキーな作風で人気を博した。漫画家の故小島剛夕さんと組み「漫画アクシ…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです