メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

「なぜ病気にかかったのか」夫婦の苦難 薬害C型肝炎、救済ハードル高く

和解成立後、ハンカチを握りしめながら記者会見する本間憲雄さん(右)=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年3月5日午後3時10分、服部陽撮影

 「なぜ病気にかかったのか知りたい」。汚染された血液製剤の投与でC型肝炎にかかり、逝った妻。20年以上の闘病を夫は支え、二人で答えを探した。薬害C型肝炎の被害者は1万人以上と推計され、2008年には患者を救済する仕組みもできた。だが、夫婦の苦難から浮かぶのは、裁判を経て救済に至る道の険しさだった。【東京社会部 服部陽】

この記事は有料記事です。

残り2871文字(全文3031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです