メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪メトロ 25年度中に全133駅に可動式ホーム柵設置へ

御堂筋線天王寺駅に設置されている大阪メトロの可動式ホーム柵=同社提供

 大阪メトロは19日、大阪・関西万博が開催される2025年度中に全133駅への可動式ホーム柵の設置を完了させる方針を明らかにした。現在の設置数は全駅の4割にとどまっているが、約560億円をかけて全駅整備を急ぐ。

 大阪・関西万博の開催が昨年11月に決まったことを受け、昨夏発表した中期経営計画を改定し、早期の全駅設置方針を盛り込んだ。併せて乗降時の段差や隙間(すきま)を解消する駅のバリアフリー化も進める。

 万博に向けて、最先端技術の導入も図る。阿波座駅と、万博会場の夢洲(ゆめしま)駅(仮称)を結ぶ中央線…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです