メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

事故が発生した現場で巻き込まれた自転車を調べる警視庁の捜査員ら=東京都豊島区で2019年4月19日午後1時27分、宮間俊樹撮影

 高齢ドライバーによる重大事故は後を絶たない。昨年5月、神奈川県茅ケ崎市の交差点で、90歳の女性が赤信号の交差点に突入し4人をはねた。このうち自転車の女性(57)を死亡させ、男女3人を負傷させた。

 昨年1月には岡山県赤磐市で70歳女性が乗用車を運転中、アクセルとブレーキを踏み間違え、センターラインを越えて軽トラックなどに衝突。横転した軽トラックが集団下校中の小学生の列に突っ込み4年の女児が死亡、児童と運転手ら9人に重軽傷を負わせた。

 2017年5月には大分市の病院1階ロビーに76歳女性の軽乗用車が突っ込み、17人を負傷させた。駐車しようとしてアクセルを強く踏みすぎたという。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです