メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外甲子園交流試合の全カード決定 履正社vs星稜 昨夏決勝再現も

血圧目標、臨床データは米政府系機関「尊重せざるを得ない」

降圧目標

 日本高血圧学会が高血圧治療のガイドライン(指針)を改定し、成人の降圧目標を引き下げた。総死亡を3割近く抑えた米国の臨床試験の結果などを重視したためだが、試験のあり方への疑問や降圧剤の使用拡大を懸念する声もある。【野田武、矢澤秀範、河内敏康】

 「いろいろな研究を分析し、厳格に降圧した方がメリットが大きいという評価になった」。19日に記者会見した、学会ガイドライン作成委員会の平和(ひらわ)伸仁事務局長は、降圧目標引き下げの理由をこう述べた。

 学会がいう研究の代表例が、米国立衛生研究所(NIH)が高血圧患者約9400人を対象にした臨床試験だ。英語で「Systolic Blood Pressure Intervention Trial(収縮期血圧介入試験)」と表記し、通称「SPRINT(スプリント)」と呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです