メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外警官刺され拳銃奪われる 大阪・吹田

血圧目標数値引き下げ 米国立衛生研究所の「スプリント」に問題はないのか

自動血圧計で血圧を測る様子。降圧目標の引き下げにより、高血圧の治療や健康管理への関心が高まりそうだ=東京都千代田区で2019年4月19日11時33分、野田武撮影

 高血圧治療のガイドライン(指針)を改定し、成人の降圧目標を引き下げた日本高血圧学会。重視したのは、米国立衛生研究所(NIH)が高血圧患者約9400人を対象にした臨床試験だ。英語で「Systolic Blood Pressure Intervention Trial(収縮期血圧介入試験)」と表記し、通称「SPRINT(スプリント)」と呼ばれる。

 スプリントは試験方法が通常の診察に近く、患者がどのグループか医師が知っていて、血圧が低い方を手厚く…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  4. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  5. 詐欺 岐阜大発注装い、温水便座を詐取 容疑の職員再逮捕 /岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです