メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋(5) 50歳で目覚めたトップへの野心

自らの50歳を祝う公演を終え、花束を抱える千野真沙美さん=モスクワで2019年4月15日、大前仁撮影

 足かけ30年ロシアで活動してきたバレエダンサー、千野真沙美さん(50)は4月15日、モスクワで自らの50歳を祝う公演を成功させた。同じ道を歩み始めた長男円句(まるく)さん(20)らと喜びを分かち合った舞台の後、夢を明かした千野さんだ。「大きなバレエ団で芸術監督になりたい」

 これまでの千野さんの歩みを考えると、正直、私は驚いているが、もしかしたら実現するかもしれないと思い始めた。ダンサーとしての歩みは遅かったが、強い意志を持ち、困難を乗り越えてきた踊り手だったからだ。

 千野さんはソ連時代の1988年、バレエ学校に留学するためモスクワに渡航した。ロシア・バレエ団には9…

この記事は有料記事です。

残り2360文字(全文2646文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです