メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

福島で恩返しする ルワンダ虐殺、家族と避難

仮設団地の集会所で開催したクリスマスパーティーで、永遠瑠マリールイズさん(手前左)は手作りドーナツを振る舞い、参加者とあやとりをして遊んだ。集会所は終始、笑い声が響いていた=福島県二本松市で2018年12月19日、喜屋武真之介撮影

 その人の周りはいつも笑顔であふれている。

 東日本大震災から8年となった3月11日、福島県二本松市の仮設住宅にある集会所に、20人ほどの被災者が集まっていた。その中心にいるのは、内戦で80万人以上が虐殺されたアフリカ・ルワンダから福島市に家族と移り住んだ永遠瑠(とわり)マリールイズさん(53)。「皆さんは独りじゃない。生きていることに感謝し、ここで明日への活力を養いましょう」と流ちょうな日本語で語りかけた。【宮崎稔樹】

この記事は有料記事です。

残り6778文字(全文6989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです