メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

545 ブラックホール撮影に成功

望遠鏡をつなぎ地球サイズに

 今や「ブラックホール」という言葉は、天文学の「超(ちょう)有名人」です。ブラックホールの周辺では時間と空間がゆがみ、そこの物質は猛烈(もうれつ)に加熱されます。光がブラックホールに近づくと、軌道(きどう)が曲げられ、のみ込(こ)まれたりします。一度のみ込まれると、もう決して外へ出られません。まわりの熱い所は輝(かがや)いて見え、ブラックホール自体からは光が出て来ないので真っ黒になるはず。遠くから見ると、光の来ないブラックホールのあたりが、まるで私たちが日常的に見る「影(かげ)」のようになっているということですね(図1)。天文学者たちは、それを「ブラックホール・シャドー」と呼び、何とか写真に撮(と)って、この目で見たいと思い続けてきました。

 遠くのものを拡大してみる望遠鏡の技術は、17世紀以来長足の進歩を遂(と)げ、その口径を大きくすれば…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1449文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです