メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

545 ブラックホール撮影に成功

望遠鏡をつなぎ地球サイズに

 今や「ブラックホール」という言葉は、天文学の「超(ちょう)有名人」です。ブラックホールの周辺では時間と空間がゆがみ、そこの物質は猛烈(もうれつ)に加熱されます。光がブラックホールに近づくと、軌道(きどう)が曲げられ、のみ込(こ)まれたりします。一度のみ込まれると、もう決して外へ出られません。まわりの熱い所は輝(かがや)いて見え、ブラックホール自体からは光が出て来ないので真っ黒になるはず。遠くから見ると、光の来ないブラックホールのあたりが、まるで私たちが日常的に見る「影(かげ)」のようになっているということですね(図1)。天文学者たちは、それを「ブラックホール・シャドー」と呼び、何とか写真に撮(と)って、この目で見たいと思い続けてきました。

 遠くのものを拡大してみる望遠鏡の技術は、17世紀以来長足の進歩を遂(と)げ、その口径を大きくすれば…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1449文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです