メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん哲学外来

映画に 監督で患者、がん描く 「言葉の処方箋」支え

「がんと生きる 言葉の処方箋」を監督した野沢和之さん=東京都港区で

 がん患者らの治療への不安を取り除こうと、順天堂大の樋野興夫(ひのおきお)名誉教授が10年ほど前に始めた「がん哲学外来」を描いた映画が、来月3日から東京・新宿を皮切りに各地で順次上映される。タイトルは「がんと生きる 言葉の処方箋」。がんと診断され、一度は絶望しながらも、温かな言葉によって再び立ち上がる患者の姿を描いた医療ドキュメンタリーだ。【高野聡】

 がん哲学外来は2008年に始まった。がん治療に不安や不満を持つ患者や家族の「駆け込み寺」として賛同…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです