メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん哲学外来

映画に 監督で患者、がん描く 「言葉の処方箋」支え

「がんと生きる 言葉の処方箋」を監督した野沢和之さん=東京都港区で

 がん患者らの治療への不安を取り除こうと、順天堂大の樋野興夫(ひのおきお)名誉教授が10年ほど前に始めた「がん哲学外来」を描いた映画が、来月3日から東京・新宿を皮切りに各地で順次上映される。タイトルは「がんと生きる 言葉の処方箋」。がんと診断され、一度は絶望しながらも、温かな言葉によって再び立ち上がる患者の姿を描いた医療ドキュメンタリーだ。【高野聡】

 がん哲学外来は2008年に始まった。がん治療に不安や不満を持つ患者や家族の「駆け込み寺」として賛同…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです