メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

ザ・イエロー・モンキー 古きを敬い新しきロックへ

 

 <楽庫(らっこ)>

 活動休止中だったり解散したバンドが再結成されるのは珍しくない。でも、そこから新作アルバムまでこれだけ段階を踏んだ例は少ない。15年ぶりの「再集結」を発表したのは2016年の1月。アリーナツアー、新曲発売、ホールツアーに武道館公演、「紅白歌合戦」出場、ドキュメンタリー映画製作、旧作の新録音ベスト、17年ぶりの東京ドーム公演も行った。4月17日発売の9枚目オリジナル「9999」は何と19年ぶりだ。

 「時間かかりましたね。イエロー・モンキーになるまでが大変だった。この時代にイエロー・モンキーをやることがどういうことなのか。単に同窓会的なことなら短期間で済む。僕らは一時的なお祭りじゃなくてずっとやりたいわけです。永遠の愛を生むための曲たちがやっとでき上がりました」(ボーカル・吉井和哉)

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです