メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

ザ・イエロー・モンキー 古きを敬い新しきロックへ

 

 <楽庫(らっこ)>

 活動休止中だったり解散したバンドが再結成されるのは珍しくない。でも、そこから新作アルバムまでこれだけ段階を踏んだ例は少ない。15年ぶりの「再集結」を発表したのは2016年の1月。アリーナツアー、新曲発売、ホールツアーに武道館公演、「紅白歌合戦」出場、ドキュメンタリー映画製作、旧作の新録音ベスト、17年ぶりの東京ドーム公演も行った。4月17日発売の9枚目オリジナル「9999」は何と19年ぶりだ。

 「時間かかりましたね。イエロー・モンキーになるまでが大変だった。この時代にイエロー・モンキーをやることがどういうことなのか。単に同窓会的なことなら短期間で済む。僕らは一時的なお祭りじゃなくてずっとやりたいわけです。永遠の愛を生むための曲たちがやっとでき上がりました」(ボーカル・吉井和哉)

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです