メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

列車接近メロディー

弾む 名古屋市営地下鉄、独自曲導入12年 大学教授が作曲、組曲も発表

列車接近メロディーが鳴る地下鉄模型を手にする名古屋市立大芸術工学部の水野みか子教授=名古屋市千種区の同大で、山田泰生撮影

 普段、気に留めることもないけれど、いつの間にか親しんでいる音楽といえば、各駅のホームで耳にする列車接近メロディーがあるだろう。当地ゆかりの歌謡曲やアニメソングなどを導入して話題になることもあるが、名古屋市営地下鉄の5路線で流れるのはオリジナル曲。導入から12年、名古屋の街にすっかり溶け込んだ感がある。

 人口230万都市・名古屋は「地下の街」とも言われ、地下鉄路線の拡張とともに主要駅の地下街も発展して…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです