メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

列車接近メロディー

弾む 名古屋市営地下鉄、独自曲導入12年 大学教授が作曲、組曲も発表

列車接近メロディーが鳴る地下鉄模型を手にする名古屋市立大芸術工学部の水野みか子教授=名古屋市千種区の同大で、山田泰生撮影

 普段、気に留めることもないけれど、いつの間にか親しんでいる音楽といえば、各駅のホームで耳にする列車接近メロディーがあるだろう。当地ゆかりの歌謡曲やアニメソングなどを導入して話題になることもあるが、名古屋市営地下鉄の5路線で流れるのはオリジナル曲。導入から12年、名古屋の街にすっかり溶け込んだ感がある。

 人口230万都市・名古屋は「地下の街」とも言われ、地下鉄路線の拡張とともに主要駅の地下街も発展して…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 交通事故 ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです