メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

「参院前哨戦」 出馬予定者、候補者応援に奔走 /山形

無所属の現職候補の個人演説会でマイクを握る芳賀道也氏=山形県白鷹町で

 7日に投開票された県議選、さらに21日に投開票を迎える市町村議選などの統一選は、今夏の参院選の「前哨戦」にもなっている。特に、自民現職の大沼瑞穂氏(40)と野党側が推薦する無所属新人の芳賀道也氏(61)は、同じ選挙区でそれぞれ異なる候補の応援マイクを握ったことも。統一選の後半戦は“大票田”の山形市内を中心に候補者の「陣中見舞い」を続けるなど奔走している。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです