メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

マイビジョン 改良型MRJ、夏に飛行試験 三菱航空機社長・水谷久和氏 /愛知

 国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)を開発する三菱航空機の水谷久和社長は、毎日新聞などの取材に応じ、設計変更を反映した機体を6月末までに完成させる方針を示した。2020年半ばの初号機納入につなげられるか、今後の動向が注目される。【聞き手・小倉祥徳、田口雅士】

 --開発の現状は。

 ◆3月に国土交通省の飛行試験が始まった。FAA(米連邦航空局)の操縦士も「いい機体だ」と話したと聞く。(電気回線などの)設計変更を反映した機体は、(6月末までに完成し)7~9月に飛行試験に組み込むことになりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです