メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

後半戦あす投開票 /兵庫

 統一地方選後半戦は21日投開票される。県内では姫路、芦屋両市長選が新人同士の一騎打ちとなり激戦を展開している。9市議選でも定数計239に対し301人が、2町議選で定数29に対し41人が立候補。1町議補選も加え、選挙戦は終盤に激しさを増している。

     ◇

 明石市議選は定数30に対し、現職20人、元職1人、新人18人の計39人が立候補し、激戦となっている。福祉や子育て・教育の充実、防災の強化などで論戦を展開。党派別では自民5人(党籍証明1人を含む)▽立憲民主1人▽公明6人▽共産4人▽維新3人。無所属は20人。21日の投票は市内75カ所で午前7時~午後8時。開票は午後9時半、明石市大久保町松陰の明石中央体育会館。

 三木市議選は定数16に現職16人、新人1人の計17人が立候補し、公共交通網の整備、教育・医療の充実…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1380文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです