発掘速報展

町内発掘遺物、一堂に 唐古・鍵遺跡など きょうから、田原本 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
発掘速報展で展示される唐古・鍵遺跡で見つかった丸太材=奈良県田原本町阪手の唐古・鍵考古学ミュージアムで、藤原弘撮影
発掘速報展で展示される唐古・鍵遺跡で見つかった丸太材=奈良県田原本町阪手の唐古・鍵考古学ミュージアムで、藤原弘撮影

 田原本町内の発掘調査で見つかった遺物を中心に展示する発掘速報展が20日から、同町阪手の唐古・鍵考古学ミュージアムで始まる。弥生時代の大規模環濠(かんごう)集落として知られる唐古・鍵遺跡など町内8遺跡と天理市の平等坊・岩室遺跡からの計133点を紹介する。

 町内の遺跡は2016~18年度の発掘成果を中心に展示。唐古・鍵遺跡からは、北側の弥生時代中期の河跡から見つかったキハダの丸太材(長さ約…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集