メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山京橋クルーズ

京橋←→犬島を 牛窓港からのルートも 26日就航 /岡山

海上から眺める工場など普段見られない風景が楽しめる=岡山市沖で、石川勝己撮影

 旭川に架かる京橋(岡山市)と、瀬戸内国際芸術祭の会場の一つ・犬島(同)を結ぶ定期船が26日に就航する。表町商店街連盟などが設立した旅客船会社「岡山京橋クルーズ」(同市北区表町)の運航。牛窓港(瀬戸内市)と犬島を結ぶルートも同じ日に就航し、11月までの芸術祭期間中に各1日1往復する。

 12日に試乗会があり、商店街関係者らが京橋-犬島間を往復した。旭川の河口まではゆっくりと航行し、両岸の市街地や工場群などの眺めが続く。海上部に出ると速度を上げ、瀬戸内海の緑豊かな島々を縫うように進んだ。参加者は犬島で1時間ほど散策し、屋外オブジェなどを楽しんだ。岡山市中区の会社役…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです