メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツバキ

下関市オリジナル「赤間手毬」が新品種認定 淡い紅色の花びら 壇之浦に続き2例目 /山口

 下関市富任町の市園芸センターが12年かけて品種改良したツバキ「赤間手毬(てまり)」が、日本ツバキ協会から新品種として登録認定された。自治体の品種登録は同市が2018年に登録された「壇之浦」に続いて2例目。

 センターによると、赤間手毬は12月下旬~3月に開花する。花は4、5センチと小ぶりで、淡い紅色…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです