メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

息を呑む繊細美・切り絵アート展

開幕 繊細・大胆、力作ズラリ 6月9日まで大分市美術館 /大分

 日本を代表する切り絵作家11人の作品が並ぶ「息を呑(の)む繊細美 切り絵アート展」(主催・大分市美術館など、企画協力・毎日新聞社)が19日、大分市上野の市美術館で開幕した。

 哲学者ヴォルテールの文章をはさみで一つなぎに表現したり、縦2・5メートル、横1・6メートルの迫力ある武田信玄を描いたりと、繊細で大胆な力作が並ぶ。照明を当てる方向を変えることで別の絵に切り替わるようにした切り絵など個性的…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです