メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
新元号

令和、8有識者推す 議事概要、発言者・落選案記さず

有識者による「元号に関する懇談会」に臨む山中伸弥・京都大教授(左端)ら=首相官邸で2019年4月1日、川田雅浩撮影

 政府は19日、新元号「令和」を選定した4月1日の三つの会議の議事概要を公表した。政府の説明では、有識者懇談会で9人中8人が令和を推す一方、全閣僚会議で発言した閣僚10人で令和を明確に推したのは4人だった。その後、菅義偉官房長官が「安倍晋三首相に一任することとしたい」と発言し、首相が「有識者、閣僚の意見を踏まえ、国書である万葉集を典拠とする令和としたい」と締めくくった。会議で示された六…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです