メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
土記

海部さんと「6mの会」=青野由利

 東京・三鷹の国立天文台キャンパスの奥の方。見学コースの少し脇に口径6メートルの電波望遠鏡が白く輝いて見える。

 昨年11月23日、ここに電波天文学の関係者二十数人が集った。名付けて「6mの会」。発案者は元天文台長の海部宣男さん。いきさつはこんな感じらしい。

 「6m」は1970年に完成し、日本の電波天文学の夜明けを支えた望遠鏡だ。建設には当時大学院生だった海部さんも加わり、森本雅樹さんらとともにオリオン星雲で新星間分子を検出するなど世界に肩を並べる成果を上げた。

 三鷹の後は、岩手・水沢、長野・野辺山、鹿児島市と旅して新たな役割を果たし、昨年10月、誕生から半世…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです