メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
焦点

日米2プラス2 新領域、日米に温度差 サイバー防衛、生煮え 共同対処を確認

安全保障協議委員会に臨む(左手前から)シャナハン米国防長官代行、ポンペオ米国務長官と(右手前2人目から)岩屋毅防衛相、河野太郎外相=ワシントンで19日、ロイター

 中国やロシアの台頭、北朝鮮の核開発に直面する中で開かれた日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、両政府は宇宙、サイバーなど「新領域」での協力強化に乗り出した。ただ、サイバー攻撃への対処を巡る日本国内の議論は生煮えで、見切り発車で連携に踏み出した印象は拭えない。「自由で開かれたインド太平洋」を巡っては、中国との距離感を巡る日米の温度差を埋められるかが課題だ。

 「宇宙、サイバーという新たな領域を含め、同盟をさらに強化していくことで一致した」。河野太郎外相は1…

この記事は有料記事です。

残り1663文字(全文1907文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 犯人蔵匿隠避容疑で逮捕 あおり運転同乗50代女 宮崎容疑者暴行認める

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  5. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです