メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大関豪栄道が引退の意向 2場所連続負け越しで陥落決定
昭和史のかたち

新天皇 即位のお言葉=保阪正康

上は明治天皇と「五箇条の御誓文」

歴史を凝縮、時代を予見

 平成はあと10日ほどで終わる。どのような時代であったか、そしてこれからはどのような時代になるのか、この10日間はそのような議論が交わされるであろう。私自身、そういう議論に参加する意思もある。というのは、日本近現代史を俯瞰(ふかん)した時に、元号でそれぞれの時代を分析することは、日本人の呼吸に合うように思うし、何より自らの生きる時代を歴史上に位置づけるのに役に立つと思われるからである。

 前回(3月16日)に続いて、代替わりの時を考えてみたい。今回は孝明、明治両天皇はどのような勅語を発…

この記事は有料記事です。

残り2040文字(全文2295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです