メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

新天皇 即位のお言葉=保阪正康

上は明治天皇と「五箇条の御誓文」

歴史を凝縮、時代を予見

 平成はあと10日ほどで終わる。どのような時代であったか、そしてこれからはどのような時代になるのか、この10日間はそのような議論が交わされるであろう。私自身、そういう議論に参加する意思もある。というのは、日本近現代史を俯瞰(ふかん)した時に、元号でそれぞれの時代を分析することは、日本人の呼吸に合うように思うし、何より自らの生きる時代を歴史上に位置づけるのに役に立つと思われるからである。

 前回(3月16日)に続いて、代替わりの時を考えてみたい。今回は孝明、明治両天皇はどのような勅語を発…

この記事は有料記事です。

残り2040文字(全文2295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです