メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

「許す」を令和時代の戒めに=主婦・皆藤京子・55

 (静岡県富士宮市)

 令和時代の幕開けだ。快い響きとすっきりした字面は、新時代にふさわしいと思う。三つ目の元号を生きていく決意として、自分自身に戒めの言葉を掲げたい。それは「許す」だ。人の言動に厳しい私は、40歳を過ぎてから、ことあるごとにこの言葉に出合い、ハッとさせられることが多い。

 10年前に見た米映画「晩秋」では、老父の「許すこと…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

  5. 反社会勢力「定義で固めるとかえって複雑」 桜を見る会 菅氏会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです