メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2019 座談会(その1) 皇室の今後どう伝えるか

(奥列左から)吉永みち子氏、池上彰氏、荻上チキ氏、鈴木秀美氏=東京都千代田区で2019年4月11日、手塚耕一郎撮影

 5月から元号が「令和」になり、皇太子さまが天皇に即位されます。皇室をめぐっては皇位継承問題など平成からの課題は積み残されたままです。沖縄の米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり、地元と政府だけでなく、メディアの分断も進みます。新たな時代の皇室報道や、沖縄をめぐる問題を通したメディアのあり方などを開かれた新聞委員会で議論しました。【司会は渋谷卓司・開かれた新聞委員会事務局長、写真は手塚耕一郎】(座談会は4月11日開催。紙面は東京本社最終版を基にしました)

この記事は有料記事です。

残り3148文字(全文3376文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 元島民ら丸山議員に反発「国会議員の態度じゃない」 コップで机をバンバン
  4. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  5. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです