メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2019 座談会(その2止) 沖縄から見えてきた課題

荻上チキ委員=手塚耕一郎撮影

 

 荻上チキ委員 平成改元の時は、喪の空気に覆われていたが、今回は高揚した空気が支配して、新元号「令和」を巡る議論は打てど響かずだったが、この騒動は政権によって大きく利用された。「バズマーケティング」=2=という言葉があるが、「バズポリティクス」という状態が展開された象徴的な日が4月1日だったのではないか。政府側は改元を大きなイベントとして作り上げていった。

 令和や元号について言及しているアカウントをビッグデータ分析したうえで、どのような盛り上がりを誰が仕掛けて、どんな議題設定がされたのか、その中でどんな論点がかき消されていったのかを取り上げていってほしい。テレビのワイドショーを含めてどのような論点を取り上げたが、どんなコメントは取り上げなかったのか。メディアはこの騒動をどう報じたのかなど多角的に検証する記事があってもいい。

この記事は有料記事です。

残り3599文字(全文3967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです