メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「法改定後も救済を」 03年に不妊手術 被害の男性訴え

「障害者も結婚して子どもが持てる社会になってほしい」と訴える片方司さん(中央)=東京都千代田区の厚生労働省で2019年4月19日、上東麻子撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らに一時金を支給する救済法案について、2003年に家族に説得され不妊手術を強いられたという岩手県内に住む男性(68)が19日、厚生労働省で記者会見し、「旧法が(96年に母体保護法に)改定された後の被害者も救済対象にしてほしい」と訴えた。

 男性は片方(かたがた)司さん。高校時代、いじめなどをきっかけに統合失調症になり、精神科病院に入退院を繰り返した。45歳の時に同じ症状の女性と同居したが、親族から「障害があるから子どもは作るな…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  5. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです