メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「法改定後も救済を」 03年に不妊手術 被害の男性訴え

「障害者も結婚して子どもが持てる社会になってほしい」と訴える片方司さん(中央)=東京都千代田区の厚生労働省で2019年4月19日、上東麻子撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らに一時金を支給する救済法案について、2003年に家族に説得され不妊手術を強いられたという岩手県内に住む男性(68)が19日、厚生労働省で記者会見し、「旧法が(96年に母体保護法に)改定された後の被害者も救済対象にしてほしい」と訴えた。

 男性は片方(かたがた)司さん。高校時代、いじめなどをきっかけに統合失調症になり、精神科病院に入退院を繰り返した。45歳の時に同じ症状の女性と同居したが、親族から「障害があるから子どもは作るな…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原英莉花が優勝 国内メジャー2連勝 女子ゴルフツアーリコー杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「これからもよい化学反応を」 高橋大輔の言葉で紡ぐフィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです