メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界最小男児

258グラムで出生スクスク きょう退院 長野

成長した竜佑ちゃんを抱く母関野俊子さん(左)と父康平さん=長野県安曇野市で19日午前

母が帝王切開

 長野県立こども病院(同県安曇野市)は19日、昨年10月に体重258グラムで生まれた男児が順調に成長し、20日に退院する見通しだと発表した。病院によると、元気に退院する男児としては出生時の体重が世界最小という。

 男児は同県軽井沢町に住む両親の4人目の子として生まれた関野竜佑(りゅうすけ)ちゃんで、18日現在の体重は3374グラム。母俊子さんは妊娠高血圧症候群と診断され、胎児の成長も遅かったこともあり、昨年9月29日にこども病院に入院。妊娠24週5日の10月1日に緊急帝王切…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです