メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

中華風イタリアン 引き立て合う味の懸け橋

チキンのローズマリーソテーin中華風スープ=根岸基弘撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中華とイタリアンを融合させた料理を提供する飲食店が最近増え、注目を集めている。東京・築地に今年1月オープンした「LOTO BLU(ロトブル)」の料理長、濱田豊さん(37)に、家庭で手軽にできるレシピを教えてもらった。

 濱田さんは、本格イタリアンに中華のエッセンスを加えた料理の開発に日々力を注いでいる。チャイニットリア(中華イタリアン)という新業態の店は「肉がおいしい」と評判だ。下味の塩分量は重量の0・8~1%で調理している。肉150グラムなら塩は1・5グラム程度だ。他の調味料にも塩分が含まれているため、控えめで調理することがお勧めだという。

 「チキンのローズマリーソテーin中華風スープ」はエキゾチックで食べ応えは十分。ローズマリーでマリネ…

この記事は有料記事です。

残り1901文字(全文2241文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです