メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 「特攻」テーマ 本続々 「昔話」でない官僚組織の不合理

新刊、復刊が相次いでいる「特攻」をテーマとした書籍=栗原俊雄撮影

 第二次世界大戦が終わってから74年。体験者のみならず幅広い世代の読者を引きつけるテーマがある。たとえば「特攻」だ。

 直近のベストセラーは『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』(講談社現代新書)。作家・演出家の鴻上尚史さん(60)が、特攻として9回出撃、上官の「必ず死んでこい」という命令に背いて生還した佐々木友次さん(1923~2016年)を主人公に描いたノンフィクションだ。

 鴻上さんは佐々木さんのことを『特攻隊振武寮』(大貫健一郎、渡辺考著・朝日文庫)で知った。取材を一度…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです