メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 個人戦、あす開幕 表彰台へ鍵はチキータ 40年ぶり目指し 男子単、張本・丹羽ら若手が駆使

 卓球の世界選手権個人戦が21日、ブダペストで開幕する。男子シングルスで小野誠治以来40年ぶりのメダル獲得が懸かる日本選手の躍進の鍵を握るのが、「チキータ」と呼ばれる攻撃的なバックハンドのレシーブだ。世界ランキング4位で15歳の張本智和(木下グループ)を筆頭に得意とする選手が多く、磨き上げた技で表彰台を目指す。【田原和宏】

 倉嶋洋介監督が「(チキータの技術で)国内で5本の指に入る」と名前を挙げた選手のうち、男子シングルスには張本や同8位の丹羽孝希(24)=スヴェンソン、初出場の吉村和弘(22)=東京アート、ダブルスが得意な森薗政崇(24)=岡山=の4人が出場する。もう一人の男子シングルス代表でリオデジャネイロ五輪銅メダリストの水谷隼(29)=木下グループ=は多用しないが、若手には必要不可欠な技という。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです