メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 個人戦、あす開幕 表彰台へ鍵はチキータ 40年ぶり目指し 男子単、張本・丹羽ら若手が駆使

 卓球の世界選手権個人戦が21日、ブダペストで開幕する。男子シングルスで小野誠治以来40年ぶりのメダル獲得が懸かる日本選手の躍進の鍵を握るのが、「チキータ」と呼ばれる攻撃的なバックハンドのレシーブだ。世界ランキング4位で15歳の張本智和(木下グループ)を筆頭に得意とする選手が多く、磨き上げた技で表彰台を目指す。【田原和宏】

 倉嶋洋介監督が「(チキータの技術で)国内で5本の指に入る」と名前を挙げた選手のうち、男子シングルス…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文878文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです