メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

日本室内選手権 男子 坂井・寺内組V

男子シンクロ板飛び込み決勝を制した坂井・寺内(左)組の3回目の演技=梅村直承撮影

 水泳の世界選手権(7月・韓国)の代表選考会を兼ねた飛び込みの日本室内選手権が19日、東京辰巳国際水泳場で開幕した。男子シンクロ板飛び込みで昨夏のアジア大会銅メダルの坂井丞、寺内健組(ミキハウス)が407・10点で優勝した。女子3メートル板飛び込みは18歳の三上紗也可(米子DC)が319・95点で制し、女子シンクロ板飛び込みは榎本遼香(栃木DC)宮本葉月(近大)組が294・60点で優勝した。

 この3種目は、日本水泳連盟が定める派遣選考基準をクリア。日本水連は23日に正式に代表を決定する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです