メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高血圧治療

降圧剤、使用拡大懸念 血圧目標下げ 米臨床試験反映

 日本高血圧学会が高血圧治療のガイドライン(指針)を改定し、成人の降圧目標を引き下げた。総死亡を3割近く抑えた米国の臨床試験の結果などを重視したためだが、試験のあり方への疑問や降圧剤の使用拡大を懸念する声もある。【野田武、矢澤秀範、河内敏康】

 「いろいろな研究を分析し、厳格に降圧した方がメリットが大きいという評価になった」。19日に記者会見した、学会ガイドライン作成委員会の平和(ひらわ)伸仁事務局長は、降圧目標引き下げの理由をこう述べた。

 学会がいう研究の代表例が、米国立衛生研究所(NIH)が高血圧患者約9400人を対象にした臨床試験だ…

この記事は有料記事です。

残り1651文字(全文1922文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです