連載

代替わりへ

「平成」に代わる新元号は「令和」に決まった。30年前の平成改元から令和改元までに、舞台裏で何が起きていたかを追った。

連載一覧

代替わりへ

両陛下とわたし/1 どんな話も、大切に 作家・曽野綾子さん(87)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 天皇、皇后両陛下が葉山御用邸(神奈川県)で静養なさる時、三浦半島にある我が家に来られることがあります。畑で取れた大根の料理をお出しし、大根の相場をご説明する。景気の話や夫婦げんかの話もします。小説家の私の役割は、あらゆる庶民の暮らしを「この世の雑音」として両陛下にお届けすることと思ってきました。

 両陛下はどんな話も聞いてくださいます。私が呼んだお友達の話も大切にされる。聞くことは最高の対人関係の優しさです。

 我が家の日系ブラジル人のお手伝いさんがお茶をお出しした時、天皇陛下は立ち上がってあいさつされた。彼女がとても驚いたことは今でも語りぐさです。両陛下はお互いの記憶を自然に補いあって思い出話もされる。天皇、皇后という立場の方は他にありませんから、お互いが唯一無二のアドバイザー。ほれ抜いておられる幸せなご夫婦だと感じます。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文780文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集