メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

小池一夫さん 82歳=「子連れ狼」原作

 「子連れ狼(おおかみ)」などの漫画原作者で、小説や作詞も手掛け幅広く活躍した小池一夫(こいけ・かずお、本名・俵谷星舟=たわらや・せいしゅう)さんが17日、肺炎のため亡くなった。82歳。葬儀は近親者で営んだ。

 秋田県生まれ。中央大在学中、時代小説家の故山手樹一郎さんに師事。その後、さいとう・プロダクションに採用され、1970年に独立。時代劇作品を多く手掛け、バイオレンスに満ちたアナーキーな作風で人気を博した。漫画家の故小島剛夕さんと組み「漫画アクション」(双葉社)で連載したやもめ剣士の物語「子連れ狼」は、テレビドラマや映画などさまざまなメディアでヒット。主人公・拝一刀(おがみいっとう)の追悼会が開かれるなど反響を…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです