九州新幹線

長崎ルート 佐賀県負担660億円 フル規格で国交省試算

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州新幹線・長崎ルートの新鳥栖-武雄温泉の整備を巡り、国土交通省は19日、フル規格で整備した場合の佐賀県の実質的な負担額は約660億円になると同県に説明した。県が試算した約2000億円に比べて少ない金額だが、県は「条件闘争ではない」と取り合わない姿勢を見せた。

 建設費は、JRが線路使用に伴って支払う貸付料を除いた3分の2を国が、3分の1を地方が負担する。…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集