メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広がる環境デモ 世界100カ国2000都市に 出発点は16歳の高校生 ノーベル平和賞候補の声も

欧州で最も人通りが多いロンドン中心部のオックスフォード・ストリートで座り込みを続けるデモ参加者=17日午後2時30分、三沢耕平撮影

 【ロンドン三沢耕平】地球温暖化対策を求める訴えが世界各地で過熱している。英メディアによると、今春になって少なくとも100カ国、2000以上の都市で断続的にデモが起き、ロンドンでは今月15日に始まった大規模なデモで570人以上の逮捕者が出ている。気候変動問題は6月に大阪市で開催予定の主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)でも議題になる見通し。国際的な機運が高まる中、日本が議論を主導できるか問われそうだ。

 ロンドンでは15日から数千人が中心部の目抜き通りに座り込むなどして道路を占拠。「ロンドンを封鎖しろ…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文981文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです