メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川県が高潮浸水区域を指定 川崎中心部、最大5mで被害甚大

高潮による東京湾沿岸の浸水想定=神奈川県の資料より作成

 神奈川県は19日、台風によって想定しうる最大規模の高潮が起きた場合の東京湾沿岸の浸水想定区域を指定し、15区画の区域図を公表した。指定に先立ち、県が有識者らの協力を得てまとめた浸水シミュレーションによると、浸水の深さ(浸水深)の最大は川崎市のJR川崎駅北口周辺で5メートル程度で、同駅の他の周辺でも3メートル程度の浸水深とされ、川崎市中心部で浸水の懸念が強まっている。今回の指定を受け、自治体は住民への避難対策を促す高潮ハザードマップの作製に着手する。【堀和彦、国本愛】

 過去の洪水氾濫時では、0.5メートルの浸水深で大人でも避難が困難になり孤立の可能性が高まる。3メー…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1052文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです